ホーム

ゲーム開発文化を、もっと自由に

ゲーム開発をとりまく環境は激変しました。
各種ゲームエンジンの価格破壊を皮切りに、ゲーム開発用ツール・サービスは、小規模クリエイターにも提供を行うことが当たり前になっています。
ゲームプラットフォームへの参加も徐々に敷居が下がり、個人が簡単に参加できるようになりました。
個人クリエイター向けのパブリッシング事業の本格化とプラットフォーム自体のオープン化が起き、徐々に壁が取り払われつつあります。

「ゲームを作る」という目標のために、ゲーム会社に就職しなくてはならない時代は、とうの昔に終わりました。
業務としてのゲーム開発と、クリエイターの表現方法としてのゲーム作りが分離され、
作りたいゲーム像を自分の中に持っている開発者は、個人・少人数開発のスタイルへ次々に移行しています。

 

ゲーム開発向けツール、ミドルウェア、サービス事業者は、この変化に対応していく必要があります。

 

ただ無料化や低価格化を行っただけでは、ユーザーが増えることは決してありません。
個人開発者をターゲットにした販売・広報・宣伝は、これまでの法人企業向けのそれと全く異なります。
どうやってソリューションを知ってもらうかのか?そして、使ってもらうことができるか?という戦略を、新たに構築する必要があります。

ヘッドハイのミッションは、「個人ゲームクリエイターの可能性を広げる」ことです。
エヴァンジェリスト活動を通じて、ゲームクリエイターに魅力的なソリューションを紹介する事業を行っております。
ぜひ一緒にゲーム開発文化の自由化を目指しましょう。

業務内容